現代社会学科 お知らせ

国際理解演習 海外実習(韓国)3日目

2016/03/08

2016年2月17日は、宮城県ソウル事務所、宗廟(チョンミョ)、雲峴宮(ウニョングン)(韓服体験)、世宗文化会館、教保(キョボ)文庫に行きました!

宮城県ソウル事務所にて

今日は宮城県ソウル事務所に行きました。宮城県が韓国に海外事務所を置いて活動していることを行くまで知りませんでした。震災の影響で宮城県に来る外国人観光客数が減少していることを、所長さんの説明からその現状を再確認することができました。外国人に宮城県(東北地方)が安全であることを、私たちが伝えなければいけないと思いました。(西槇)

宮城県ソウル事務所の方と集合写真

宮城県ソウル事務所の方と集合写真

昼食(韓定食)

宮城県ソウル事務所の職員の方と一緒に韓定食を食べました。韓定食は韓国の宮廷の食事で、主に王様が食べていたとされる料理です。その料理を初めてみたときに量の多さと色の鮮やかさに驚きました。(日下)

韓国では食事を残すのが普通ということに価値観の違いを感じました。(鈴木)

韓定食(宮廷料理)

韓定食(宮廷料理)

韓服体験!

雲峴宮(ウニョングン)で韓服体験をしました。韓服は服の上から着るだけで、簡単に着ることが出来ます。着てみると軽いので、雲峴宮の中を楽に回ることが出来ました。私はピンクを着たかったのですが、色々ありまして、今回は黄色の韓服にしました。次はピンクにリベンジしたいです!笑(西槇)

韓服の体験では、私はチマチョゴリを着ました。チマチョゴリは日本の着物と違ってヒラヒラしていて、着物とはひと味違う綺麗さがありました。(日下)

韓服を着ましたが、どんな人が着ていた衣装なのかよくわかりませんでしたので、タイムスリップしてその時代に行ってみたくなりました。(鈴木)

現地の宮城県事務所訪問や歴史的な建造物の見学から、現在と昔の韓国の様子が実感できました。この日は朝から体調が悪かったのですが、実際にチマチョゴリを着て写真撮影をしている時は、雰囲気とみんなの様子から素直に浮かれてしまいました。(植野)

韓服を着て集合写真

韓服を着て集合写真

世宗文化会館にて

光化門にある世宗(セジョン)文化会館に行きました。ここでは、さまざまな展示やイベントが行われています!(下のHP(日本語)を見てください。)私たちはその中の世宗物語・李舜臣物語という展示館に行きました。ハングル文字を作った世宗と、「壬辰倭乱」(日本では「文禄の役」と呼ぶ)で勝利を挙げた李舜臣の博物館で、2人の歴史や功績がたたえられており、偉大な人だということが分かりました。そこでは、ハングルで名前を書道で書く体験をしました。久しぶりの書道でにじんでしまいましたが、いい体験になりました。そのあと李舜臣の歴史アニメーションを4Dで体験しました。話も面白くて、4Dの迫力でロケットが凄かったです。(西槇)

世宗文化会館は光化門広場の地下にあるのに、3,200㎡ という広さに驚きました。(鈴木)

ハングル文字の書道体験

ハングル文字の書道体験

高麗参鶏湯にて

参鶏湯(サムゲタン)のお店に行きました。そこでは、参鶏湯とアワビのおかゆを食べました。参鶏湯はあっさりで、ほろほろしていました。高麗人参などの薬味も入っていて、独特な感じがしましたが、味付けはシンプルで若鳥1羽食べられるので好きです!笑 2人で1つの鍋を食べましたが、私たちは完食しました!(西槇)

夜に食べた参鶏湯は食欲がない私でも食べやすかった上に、今まで辛いモノ連続だったため限界に近かった喉にもやさしくて有難かったです。(植野)

参鶏湯

参鶏湯

関連リンク