人間心理学科 お知らせ

官民協働のホームレス支援活動参加 [人間心理学科 今井]

2016/07/01

特定非営利活動法人・仙台夜まわりグループが主催する、路上生活者のための自律支援セミナー・食事会に参加しました。その時の様子をスライドにしましたので、そちらもご覧下さい。

セミナー動画: https://youtu.be/wyly0Rt9S0Q


2016年6月4日土曜日のお昼頃、当事者、ヴォランティア、市職員を合わせて、総勢約60名が五橋にある仙台市福祉プラザに集まりました。

毎月行っている定例の自律支援セミナーに先立ち、今回は、仙台市健康福祉局との協働作業として、路上生活者の結核診断・健康相談が行われました。

自律支援セミナーでは、仙台市が運営する路上生活者等支援センター「清流ホーム」の指導員から、「清流ホーム」の成り立ちとその支援内容についてのレクチャーがなされました。

「清流ホーム」は定員50名で、入居期間は3ヶ月が原則。家賃や食費は無料。就職活動に必要な費用は支給されます。就職して得た給料に手を付けずに積み立て、それを基にして自立する支援プログラムを実施しています。

セミナーの後、ご飯食べ放題のお弁当が振舞われ、当事者たちは空腹を満たした後、全国から寄せられた支援物資をそれぞれ受け取り、市内各所に戻って行きました。

文責:人間心理学科 准教授 今井誠二

関連リンク