尚絅学院大学

子ども学科 お知らせ

相馬先生、立て続けに受賞した2017年!

2018/04/15

子ども学科教員の相馬先生の2017年の受賞歴です。とにかく凄いですね。

第4回宮本三郎記念デッサン大賞展入選

第4回宮本三郎記念デッサン大賞展にて入選致しました。(2017.9.23―12.3/石川県小松市:小松市立宮本三郎美術館)

このコンクールは優れた素描家として知られた画家・宮本三郎にちなみ、「デッサン」をテーマとして開催されている公募展です。今年は、応募総数882点から入賞13点、入選38点、合計51点が選ばれ、倍率17倍とデッサン大賞展始まって以来の狭き門となったそうです。石川県小松市宮本三郎美術館での展示後は、東京都世田谷美術館にて巡回展が行われました。

『one day - self portrait - 』

『one day - self portrait - 』

「宮城県芸術協会賞」受賞

第54回宮城県芸術祭絵画展(公募の部)において、最高賞である「宮城県芸術協会賞」を受賞致しました。(2017.9.29―10.4/宮城県仙台市:せんだいメディアテーク)

宮城県芸術協会は、県内の文化人有志により昭和39年に設立された歴史ある会です。戦後の宮城県における芸術文化を牽引し、今日まで至っています。そのような素晴らしい会で、初出品ながら公募の部にて最高賞の「宮城県芸術協会賞」を受賞いたしました。今回の受賞で宮城県芸術協会会員へと昇任されたため、次年度からは県民へと質の高い芸術文化普及活動に努めていきます。

『one day〜noise of the city〜』

『one day〜noise of the city〜』

NAU21世紀美術連立展「奨励賞」受賞

第16回NAU21世紀美術連立展において「奨励賞」を受賞致しました。(2018.2.7−2.19/東京都六本木:国立新美術館)

NAU21世紀美術連立展は、吉村益信の提唱で出発したジャンルを問わない現代アートの展覧会で、すでに実力が認められたメンバーと推薦委員に推薦された作家や海外から推薦された作家により構成されています。今回は推薦作家として出品しましたが、「奨励賞」を受賞することができ、次年度は国立新美術館にて個人ブースが割り当てられ、個展を開催することとなります。

関連リンク