国際交流

【国際交流】台湾夏季研修報告⑨ 【台中市内を散策】

2018/08/16

本学の学生4名が、8月7日(火)から台湾の弘光科技大学のサマープログラムに参加しています。
研修が9日目の今回は、台中市内を散策した様子をご覧下さい。

9日目

9日目、午前中は中国語の勉強で、中国語の数字の書き方と表し方についてを習いました。103元を日本で漢字で書くなら百三元になりますが、一百零三元と書くことに驚きを感じました。

臺中国家歌劇院と展示物

臺中国家歌劇院と展示物

そこからバスで移動し、台中市内で各グループごとにお昼を食べました。私たちのグループは路地の先にある小さなパスタ屋さんでしたが、現地の方しか知らない隠れた名店のような佇まいでした。その後臺中国家歌劇院という2016年9月にオープンしたばかりの台中の新名所に向かいました。オペラを鑑賞する劇場としてだけでなく、本や雑貨などが売っていたり、オブジェがあったり、レストランや屋上庭園などがあったりと日本のオペラ劇場との違いを感じることができました。

夜市の様子

夜市の様子

夕食は夜市で各自食べることになり、私は日本で見ることの少ない特大サイズのチキンを食べました。台湾での生活にも慣れ、少しずつですが、サマープログラムに参加してる学生とのコミュニケーションがとれるようになり、とても嬉しいです。刻一刻と帰国へのタイムリミットが迫ってきますが残りのプログラムも全力で楽しみ、乗りきりたいと思います!

(表現文化学科 2年 Y.M)

右:特大フライドチキン 右:臭豆腐のお店

右:特大フライドチキン 右:臭豆腐のお店